狭山池ちょっぴり昔ばなし

さやま遊園地と狭山池【狭山池ちょっぴり昔ばなし】No.3

さくら子
狭山池の記憶を今に伝える『狭山池ちょっぴり昔ばなし』
今回の語り部は、大阪狭山市在住のハンドルネーム『KN』さんです。
KNさん、よろしくお願いします。

語り部:[name-tag file='name-tag'](76歳 男性)

狭山池で狭山競艇場が開催される以前より、狭山池の隣には、さやま遊園地がありました。

※ 1938年(昭和13年)5月1日開園

 

 

戦中戦後は一時閉鎖され、1952年(昭和27年)に狭山競艇場として利用されていましたが、競艇場廃止後の昭和34年4月より、さやま遊園は復活しました。

 

 

当時のさやま遊園地には野外劇場があり、周辺には多くの『さつき、つつじ』が植えられていました。

その野外劇場では、今では吉本の芸能人が多数活躍されていますが、その頃は松竹の芸能人が沢山来ていました。

 

 

園内の噴水周辺には、綺麗なバラが咲き、さつき、つつじの花の咲く頃には見物客がとても多く賑わいました。

又、園内の北側には、サルや小鳥も飼われていました。

 

 

夏になると、とんぼや鬼やんまが飛ぶ姿が沢山見られ、狭山池では、浅い所で子供がよく泳いでいました。

さやポン
さやか公園の場所に、さやま遊園地があったポ~ン☆

さくら子
[name-tag file='name-tag']さん。
狭山池とさやま遊園地の記憶を今に伝える貴重なお話、本当にありがとうございました。

狭山池ちょっぴり昔ばなし