大阪狭山市狭山池の情報発信サイト【ポンポンさやポン】

『狭山池の毎日が分かる』世界でただ一つのWEBサイト!日本最古のため池【狭山池】と、そこに住む伝説のUMA(未確認生物)【さやポン】の情報を世界へ発信しています。

狭山池の民話

Pocket
LINEで送る

さくら子
狭山池に伝わる民話をご紹介ですぅ~♪

狭山池のガタロウ

昔からガタロウは、水神さまの化身だといって、お祭りしている所もある。

 

狭山地方では『河太郎(がたろう)』といっているが、関東では『河童(かっぱ)』といわれている所が多い。

 

河太郎は川や池に住んでいて、水の中で夢中になったり、水ぎわで遊んでいる子供を水中に引きずり込んで、お尻から生血を吸うといわれている怪物である。

 

頭に皿をのせて、水がある間は不思議な働きをするが、水が無くなると意気地(いくじ)が無くなって幼児のようになるとのこと。

 

人間によく似た姿だが、手足に水かきがあり、背中に亀の甲らをつけているという。

 

 

 

私の昔の親類だと聞いているが、狭山池の北堤に『鉄砲市』という料理屋があった。

主人が鉄砲で鳥を打ち落とす名人で、池の上を飛んでいる鳥を打って、お客に見せるので大評判だったそうな。

 

その評判に続いて、西堤に理髪店があった。

夏の暑い日、子供が散髪してもらって、北堤を風に吹かれて気持ちよく中碑(なかひ)の近くまで来ると、その碑の上に腰をかけている見なれない男の子がいた。

 

見てみると、この子が片手で水をすくうようにすると、フナが飛び上がって来て、それらをとらえて、パクリと一口に食べた。

あまりの不思議さにしばらく見ていると、その子がこちらを向いた。

 

それが恐ろしい顔だったので、驚いて逃げて帰って、家の前で気絶して倒れた。

 

近くにいた母親がびっくりして、近所の人を呼ぶやら大騒ぎになった。

 

気がついて、泣きながらの話を聞くと、皆がそれは「河太郎に違いない」ということで、それから池のそばへ行ったら『ガタロウに尻を吸われるぞ』ということになった。

 

 

今は河太郎は人間になったのかも知れぬ。

血を吸われないように気をつけよう、ということである。

 

 

(民俗と民話 第五集)より

スポンサードリンク

狭山池の大蛇

ある日、種屋五兵衛(たねやごへい)という老人が、狭山池の堤を急いでいると、堤の松並木の陰から、目をうたがうような美しい娘が突然姿を現した。

 

五兵衛じいさんが、あっけにとられていると、娘が言うには「池の中に沈んでいる、万能鍬(ばんのうくわ)を拾っていただけますか」とのこと。

 

娘に訳をたずねると、「実は私、この池に古くから住みついている者ですが、鍬(くわ)の鉄気(かなけ)があっては、安心して住んでいられません。助けると思って、鍬をとりのぞいてください。」と言った。

万能鍬

万能鍬(ばんのうくわ)

鉄気(かなけ)・・・水中に溶けて含まれた、臭いや味。

 

お人好しの五兵衛じいさんは、さっそく承知しましたが、狭山池のまんまんたる水では鍬は取り上げにくいと娘に言った。

 

すると娘は、池に飛び込んで、狭山池の水を干上がらせた。

 

干上がった狭山池から、五兵衛じいさんが鍬を拾い上げ堤に戻ると、池の水は、また元にもどりました。

 

そこに娘が再び姿を現して、お礼のしるしとして、金色に輝く大蛇の鱗(うろこ)を三枚おいて、池に飛び込み隠れてしまった。

 

 

 

その後、日照りで村人が困る時、この鱗を取り出して、五兵衛じいさんが祈ると、たちまち大雨が降ったので、村人から感謝されたと言う。

 

 

 

(河内の民話)より

スポンサードリンク

お友達にも是非お伝えくださいね(^^)

 
さやポンと友達だ☆